スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月4日(金) 怖かった・・・

5月3日(木)高砂市総合体育館で、東播新人戦が行われました。

いきなり強敵の社Jr.(同地区)との戦い。

対戦カードを聞いた日から、どう戦うか、しか私の頭にはありませんでした。

社Jr.さんは強い。

どうすれば・・・

仕事が忙しく、毎回の練習にも行けない現実の中で、短時間で対策を練るために、

作戦を立てるしかありませんでした。

この何日かは、怖くて怖くて、たまらなくなる日もありました。


やはり、当日、社さんを目の当たりにすると、

怖かった。

レシーブ力、エースの破壊力、どれを取っても滝野東の上を行っていました。

試合は、一進一退の流れ、

たまたまの勝利をいただけましたが、本当に、勝敗を左右する点数が、

私の頭では4回ほどあったように思います。

強かった・・・怖かった・・・2セット目、他のチームなら安心できるはずの5点差が、

ついた段階でもサーブ順が誰か、ここで社のエースが乗ってこないか・・・

不安は21点目の笛が鳴るまで消えませんでした。

終わっても、何か地に足がつかないと言いますか・・・

不思議な感情で、嬉しさはあまりこみあげず、

疲労と、何か悔しさを感じました。

5年生の時、滝野東は確かに社Jr.よりも良いチーム状態にあった気がします。

なのに今は・・・「追いつかれた」・・・「追い抜かれた」・・・

そんな思いが私の頭に充満しました。

悔しい・・・勝ったのに、こんな感情が生まれることはあまり今までにありませんでしたが、

昨日の試合ではこんな感情が生まれました。

さすがは社Jr.さん、そして私の指導力の無さ・・・。

このままではやられる・・・精進!日々精進していかなければなりません。


しかし、私の指導力の無さは、これだけに留まりませんでした。

実は私は、社Jr.さんに勝つことしか頭に無かったのです。

私の頭がそうだったということは、当然選手たちもそうだと思います。

私はやはり、上に行ったり、上に立ったりする器ではありません。

ベスト4決めで日野さんに完全にやられました。

特別すごいことをされたわけではありません。

きっちりとしたレシーブ、トス、スパイク、基本がしっかりされた素晴らしいバレーでした。

滝野東は、何か達成感を感じてしまっているような、

普段動かない足が、さらに動かなくなったような・・・


「あ・・・これはダメだ・・・」そう思ったのは1セット目、1対3の段階でした。

本当に選手たちをこのレベルの高い東播で上まで連れていくなら、

こういう状況においても、対応できる力を身に付けさせる必要がありました。

しかし私にはまだまだそこまでの力、器量はありませんでした。

決して勝てない相手ではなかったはずですが、完敗でした。

同地区の東条さんは、さすがの一言でした。

日野さん相手にフルセットの末の勝利、

強かった・・・同地区の東条さん、そして社さんに置いていかれるような気がしました。



加東市のバレーのレベルは高い・・・


私は幸せな反面、自分の力の無さを悔いながら、

選手たちに悔しい思いばかりをさせてしまっていることに懺悔しながら、


私の選手たちを笑顔にさせるべく、

鬼になり、仏になり、

また新しい一歩を踏み出そうと思います。


東播新人戦の結果-ベスト7

立派な成績だと思います。

しかし私も、私の選手たちも、満足はしていません。

いつもいつも高い壁となり、目標になってくださる、

社Jr.さん、本当にありがとうございます。


今度は是非BBQにも呼んでくださいね(T_T)





最後にもう1つ。

同地区男子チームのアタッカーズさん、素晴らしい試合展開でしたね!

加東市は、男子も含めて、レベルが高い!

5月1日(火) 難しいなぁ、それでも!

木曜日の練習から土日の練習試合を経て、何をつかんでくれたのでしょう・・・。

中学校の部活の方は東播大会優勝を果たしました。

素晴らしい結果を勝ちとった彼らも、決して満足することなく、

優勝したのにもかかわらず、悔しさを全面に出しながら、

下を向いて手にした優勝旗、彼らはさらに強くなり、チームはさらに強くなることを、

確信させてくれました。


私のチームの彼女らの顔に悔しさが出てこない・・・精神的な面での私の指導不足なのは、

当然、私の反省するべきところだと思いますが、

昨年、試合で勝ったことがあるチームに練習試合とはいえ、完膚無きままにたたかれても、

それでも彼女たちの表情にみなぎる闘志のようなものが感じられない。

個々に思うことは当然あるのでしょうが、

それでもそれが、チームとして出てこないとチーム力として、試合には出ない気がします。

私のチームの選手たちは、決してさぼっているわけでもなく、

日々努力しています。

ただ、それはどこのチームにも言えることだと思います。

be 勇魂 brave

滝野東の言葉であり、彼女たちが額に汗をにじませながら巻くハチマキに、

そして彼女たちのチームシャツに刻まれる文字です。

その言葉に相応しい表情で、コートに立たせてやることも、

私の指導者としての勤めであるように思います。

6年生が2人しかいない私のチームは決して強くありません。

しかし彼女たちには経験はあります。

2人の6年生を中心に、目指すことは1つ、目の前にある1勝だと思います。


その共通の目標である勝利につながる表情に早く全員がなればと懇願しています。


練習試合では、収穫は山ほどありました。

本当に感謝しています。

土曜日にお世話になった日吉さん富合さん、
日曜日にお世話になった社さん、西脇さん、

私は遅れてでしか参加できませんでしたが、いつも勉強させていただけることに、

深く感謝します。 ありがとうございました。

西脇の監督さんは、言っておられる口調は激しくとも、

言葉はいつも的をえていて、勉強になります。

社の監督さんの視野の広さにはいつも感心させられるばかりです。
Tコーチをはじめ、指導者陣の豊富さも羨ましく思います。

加西市の両チームも今はたまたま優勢に試合を展開できていますが、

あなどれない要素がたっぷり、気を抜いている場合ではない気にさせられます。


5月3日での東播大会では、社さんとの対戦を心から楽しみにしていますし、

心から楽しみたいと思います。

私のような指導力も無く、考えも浅い指導者でも、

全力で善戦できるよう、無い知識をふりしぼって、臨みたいと思います。


先輩!

胸をお借りします。

4月26日(木) さぁ練習だ♪

さぁ今日は練習です。

レシーブしまくるぞぉ♪♪♪

セッター練習もしよぉ♪♪♪

あ~、攻撃のバリエーションを1つ増やしてやってもいいなぁ♪♪♪

と、まぁ楽しそうにしていますが、

今日は基本的には、6人の動きの確認をしたいと考えています。

当然、大切なキーはレシーブです。


練習は楽しみですが、その後、また学校に戻らないといけないのが、

正直気が重いです(T_T)


へこたれない!!!

さぁ今日も頑張るぞぉ!!!

4月25日(水) あかん!!

あかんです!!!

ほんますんません。長い間さぼってしまっています。

時間を見つけて、書きます。

こんなことを続けていると、読んでくださる方が減ってしまいますよね(T_T)


今更ですが、日曜日に練習試合をさせていただきました。

前日、睡眠時間が無かったもので、頭がボォ~っとしてしまいそうになるのを、

グッとこらえて、

素晴らしいチームに集まっていただき、

中身のある練習試合ができたと思います。

当然、滝野東が相手をさせていただくには、ほど遠いレベルのチームばかりでしたが、

やはり、強いチームと練習試合をさせていただくと、

たくさんの勉強ができます。

唯一、滝野東が、この1日で、よかった点は、

レシーブが「崩壊」しなかったことだと思います。

見た目は、レシーブがグチャグチャや・・・というふうに見えたかもしれませんが、

私は当然、今を見ているわけではありませんので、

確かな手応えを感じました。


ただ、選手たちは、勝ちたいと言っています。

相手はほど遠いところを走っています。

追いつく、そして追い越すためには、同じ練習量や同じ精神面では、

間に合いません、そういう意味では、足りないところばかりです。

明日の木曜日の練習では、さらにレシーブ面の強化に努めようと思います。


東播大会の相手は強敵社Jr.さんです。

今の滝野東では勝てないのかもしれません。

ただ、負けると決まっているわけではないと思います。

少し、あがいてみようと思います。

私の中では、こうしないと勝てない、こうすれば勝てるかもしれない。

という絵がイメージできていますが、選手たちに伝わるかどうかだと思います。

それは、やはり指導者の力なのかもしれません。

少ない練習の中で、彼女たちに、魔法をかけてみようと思います。



飽きずに日記を読みに来てくださいねぇ♪

4月20日(金) 昨日の練習

昨晩、1週間ぶりに練習を見ることができました。

ん~・・・しずか~な練習が行われている体育館、

生き生きした目で練習に参加しているのは、新入部員の4年生のみ。

何か、悲しいような感情がおこりました。

選手たちに伝えたのは、

思いをしっかり持って、練習に臨むこと。

練習に対する姿勢が試合に対する姿勢につながること。

そしてその姿勢は勝敗につながっていくということ。

しっかりとしたあいさつ。

しっかりとした声での会話。

しっかりとした目的意識。

しっかり、明確にするべき自分の仕事。

そういった部分が後ろ向きに進んでいる気がしたので、

前向きに進むよう、アドバイスを出しました。


本気でするからこそ、おもしろくて、
本気で臨むからこそ、嬉しくて、悲しくて、つらくて、感動して・・・。

大切な大切な1年間を無駄に使うことだけは避けたい。

もっと言えば、この大切な1年で、

まだ幼いとはいえ、彼女たちの人生においての成長につながる手助けをしたい。

その思いがやはりあるだけに、

昨日の練習では、メニューをどうこう言うのではなく、

結局「思いの部分」でのことを言い続けました。


やらされるな!自分からやれ!


その言葉で締めくくりました。

やはり彼女たちをロボットにはしたくありません。

言われたから。
怒られるから。

こんな小さな考えでプレーしてほしくありません。


自ら進むことができるようになれば、

チーム力も上がり、個々のスキルアップにもつながり、

強くなります。

私がいる、いないは別として、


彼女たちのカラーが出てきてくれたらなぁと願います。
プロフィール

Author:滝野東コーチ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。